過去の部車

このページでは、かつて自動車部が保有していた車輌のうち、特に活躍した部車をご紹介しております。

ダートトライアル

正式名称:

早稲田大学アップガレージ−アンパラレルド−ウインマックス−ATS−SPK‐ブリッド−HAL‐DES SPEEDインテグラ

通称:白インテグラ、ラキストインテ

ベース車両:ホンダ・インテグラタイプR(DC2)

主な戦績:2017年2019年全関東ダートトライアル男子団体優勝、2017年全日本D男子団体優勝

解説:

2015年から現役を続けている、WUACの中で最も古い試合車輌です。2度の全関D優勝、1度の全日D優勝と、輝かしい戦績を残しています。ジムカーナ仕様にコンバートされ、その年のスピード競技全てに出走した年度もあります。まさに早稲田の栄光を象徴する一台でした。2021年に横転を喫し試合車輌としては引退となりましたが、部品の多くが次のダート車両である黒インテグラに受け継がれています。